スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮さんの発見

  • 2016/07/23(土) 19:30:15

以前お話しした職場にいる愉快なジェントルメン・宮さん(過去の記事は→コチラ)と
先日一緒にお昼を食べた際、こんな話を聞かせてくれました。

「俺にはねぇ…ずっと前から疑問に思っていたことがあってねえ…
よく、ヨーグルトとかマフィンとか、味付きのやつがあるだろう?

『マンゴー味』とか、『ストロベリー味』とかあって、
パッケージにはその果物の絵や写真が入っている…

しかし、同じところに並んでいる『プレーン味』というもの…
あれには何の商品を見ても、決して絵がついていないんだ…
パッケージの色も青が多いし、全く味の見当がつかない。
たまに「プレーンオムレツ」なんてものまであって
もうパニックだよ…

プレーン味って何味なんだ?と思いながら、
俺は今まで怖くて『プレーン味』に手が出せなかったんだよ…


すでに私を含めた同僚たちの肩はプルプル震えています
宮さんは語り続けます。

「しかし、その長年の謎がついに解明されたんだよ…
この前、『のむヨーグルト プレーン味』というものを人からもらったんだ…
買う勇気はなかったけど、もらったからには飲んでみようと思って飲んだんだ…

そしてようやくわかったよ、
プレーン味=ヨーグルト味だってことが!

いやあ、『のむヨーグルト プレーン味』おいしかったよ…」


宮さーん!!帰ってきて宮さーん!!
もうそこにいたみんなすでに爆笑でしたが
「いや、プレーン味っていうのは果物とかの特別な味が入っていない、
一番シンプルな味、ってことです。
プレーンオムレツにヨーグルト入ってないっす」

と伝えました。

一同がしきりにうなずく中、宮さんは
「…みんなはそういうのを、どこで勉強するんだ?英語の時間か?
本気で疑問な様子です。

言われてみれば「プレーン」という単語の意味を
ことさらに意識したことなどありませんが
たぶん日本人の大部分は上記の説明で納得するでしょうし
企業もそのつもりで「プレーン味」の商品を世に出しているでしょう。

データマン・宮さんにとって「なんとなく暗黙の了解」というものは
理解しがたいものだったのでしょうか。

「じゃあ、ヨーグルト味じゃなくて、特別に味付けがされてない
のむヨーグルトのことをプルーン味って言うんだ…」


「待って宮さん違います、ーン味です、
プルーン味はまた別にあります」


「…そうとも言うな」

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。