スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

善行と拍手お返事

  • 2014/12/09(火) 20:04:54

1時間ほど前、車で帰宅中のことです。

家まであと200mほどの歩道で、
自転車ごと転がっているお婆さんを見ました
既に夜と言って差し支えない暗闇だったので
二度見しましたが、やはり倒れているようです。

慌てて自宅に車を置き、走って現場に戻りました。
ばあちゃん、倒れた自転車を起こそうと必死でした。

私と同じく車から見かけて駆け付けたらしい
見知らぬおじさんと一緒にばあちゃんを救出です

私「ど、どうしたんですか!?」
ば「いやぁ、A町のセブンイレブンまで行ったんだけど
道が分からなくなってるうちに暗くなっちゃって
転んじまってよお」

私「家は何処ですか?」
ば「B町だけんど……」
ばあちゃん、まあまあ迷いましたね。
車で20分ぶんくらい迷ってますよ。

しかし冬の夜空、群馬の空っ風がもうひと吹きしたら
栃木まで飛んでいきそうな
ちっこいばあちゃん
を放り出すわけにもいきません。

見知らぬおじさんと相談のうえ、
私の自宅が近いと言う事で
ひとまず自転車を私の家に置き、
ばあちゃんを車で送り届けることにしました。

ばあちゃんの家までは車で数分の距離でした。
しかし話を聞けばばあちゃんは旦那さんと二人暮らし、
免許もないとのことで、仮に昼間でも
自転車を我が家まで取りに来るのは難しそうです。

しきりに「とーちゃんに叱られるでぇ~」と気にしているばあちゃんに、
もう一回転ばれたら目も当てられません
見かねて「私が自転車届けるから!」と申し出た所、

「そんなに親切にしてもらって申し訳ねェ、
これ、タクシー代だと思って取っといてくれ!」

財布をごそごそやりだしました。

「いや、そんなんいいから、あんなところで
転ばれてるの放っとく方が夢見が悪いから」

固辞したのですが「いいからもらっとくれ!」
無理矢理渡されました。

500円。

ありがたく頂戴した後、車で自宅に戻り、
今度はばあちゃんの自転車を10分ほどこいで
ばあちゃん宅に届けました。

数年ぶりに自転車乗ったのもあるんでしょうけど
あんなガタガタな歩道、横風受けながらこいだら
私でもコケるわと思いました。

とーちゃんに止められるわけです。

普段はアストルティアを駆け廻っていますが
リアルでは一歩も動いていないので
割とゼィゼィしながら自転車を届けました。

ばーちゃん、私がインターホンを押すと
既に入れ歯もオフしてリラックスして
いらっしゃいましたが出てきました。

「こんなに親切にしてもらっちゃって、
さっきのお礼じゃ気が済まねえ、
ウチは金ならあるんだから気にしねえで
受け取ってくれ!
これでなんか美味い物でも食って!」

今度はお札をカサリと握らせてくれました。

……1000円。

「この御時世に、こんなに親切な人がいるなんて
嬉しくってよぉ!」
私の手を握りしめた
ばーちゃんの手の温もりと涙、
プライスレス。


とーちゃんにあんまり叱られてないといいな。
拍手お返事です。


>ユーリ様

こんにちは!初めまして。
ユーリ様はFF14の世界から帰って来られないのですね。

私も現実のクエ(仕事)よりDQ10のクエが気になって
夜も眠れません。

「今日帰ったらあれ見て、これやって……いやその前に
あっちを確認しないとダメか……」などと
仕事より綿密にスケジュール管理です。

ばーちゃんが年金から感謝の気持ちと共にくれた
1500円を何に課金してしまうのか
考えるだに罰当たりです。


最近職場で「眠い」しか言っていない気がします!
お互い身体大切に!では!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ステキだぁ~ほっこりしました~おばあちゃん、無事お家に帰れてよかったよ~~。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

  • 投稿者: こっもも
  • 2014/12/09(火) 20:22:38
  • [編集]

コメントありがとうございます

いやまったく、上州女は80過ぎても
勝気なもので旦那さんの制止など振り切って
チャリで飛び出してしまうので心配です。

私も既に自宅(ジュレット)で一息つき、
今はアストルティアを駆け廻っています。

  • 投稿者: ぴえ~る
  • 2014/12/09(火) 21:26:33
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。