スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジャヴと拍手お返事

  • 2014/08/23(土) 00:20:37

※血液型診断系トークです。
特定の血液型を貶める意図はありませんが
苦手な方はスルーしてください。


高木氏ってB型なのかなあ……
そして旦那さんはO型なのかなあ……


シナリオライターの血液型まで妄想し出したら
もう末期だと思いますが
なんか『華ヤカ』でも『Enkeltbillet』でも
ケンカの原因にやたらリアルとのデジャヴを感じるよな、って。

特に思うのは「都合が悪くなると黙る癖、やめなさい」というセリフ。
はるもたえちゃんに散々言われていましたし、
美鳥も咲とかエミルにメッチャ言われてます。

主人公が責められる理由って半分くらいコレなんですよ。

で、今回咲が連絡ひとつせずに遅刻した美鳥に
「遅れるなら連絡してよ!」
「遅刻そのものではなく
連絡をしなかったことを理由に怒る場面」

わかるわ~と大納得しました。

私と妹はB型で、お互いの彼氏がO型なんですね。
もちろん付き合ってるくらいですから
気の合う部分はたくさんありますが、
妹か私が彼氏とケンカして「ちょっと聞いてよあの男!」状態になると
だいたい原因はこの2つなんです。
グチ大会が超盛り上がる。

①遅刻しても平気。連絡せずに数時間待たせる。
②意見が噛み合わなかったりして気まずくなると、黙る。
 打開策を出すわけでもなく折衷案を話し合おうとするわけでもなく、
 こちらへの不快感をむき出しにしたまま黙る。

私は上記のことを考えて欲しい、と
何度も言っているのですが改善されません。

O型の女友達もたくさんいますが、彼女らにそんなことはないんですよ。
あーでもウチの母親はO型でこのタイプだな。

作中では女同士の諍いとして描かれていますが
これだけ何度も出てくると
これって高木氏の怒りスイッチなんじゃなね?
と思います。

とすると高木氏本人はB型で、
普段O型男性のこういう態度に
心底ムカついている……なんて穿ってしまいます。

同じ事されても気にしない人だってたくさんいるでしょうし、
そんなことしないO型男性もたくさんいるでしょうし、
何しろサンプルは2人というのが
この仮説最大の弱点ですけど。


B型女性の賛成意見、反対意見お待ちしております。
拍手お返事です。


>うにこ様
こんにちは。コメントありがとうございます。
レビューを褒めて頂き幸いです。

中1の時の国語の教科書に載っていた
『少年の日の思い出』に出てくるエーミールの
「そうか。つまり君はそういう奴だったんだな」
私に「他者の視点」を与えてくれました。


主人公視点で話が進みますから、主人公に感情移入して
「間違いを犯したけど勇気を出して謝った主人公を、
エーミールは当然許してくれるだろう」
という恩赦妄想を持って
物語を読んでいたんですね。

実際、それまでに触れてきた物語はほぼ100%そういう話でしたから。

それなのにあの一言には衝撃を受けました。しかし同時に、
「エーミールから見たらそりゃあ主人公は許せない」とも思えました。

自分を冷静に見ているなんてことありませんて。
私は単に嘘つきで小心者なだけです。

「勇様の『黒歴史の上塗り』ってなんだっけ……」と
わざわざ自分のブログに検索かけて調べました。
ついでに過去の勇様の所業も読みました。
ホントだあの人バカ可愛いっすね。

でも遅刻するのに理由も言わず、
旦那にしたら怒ると
ムスッとして黙っちゃう気がする。


ぶっちゃけちゃうと当時はかなり勇様シナリオに納得がいかず、
文句だらけにしないためにはネタにするしかなかったんですけどね。

うにこ様も戦史好きですか。
あの辺時代好きに会ったの初めてかもしれません。

確かに『戦陣訓』教育は現場の惨状を無視したものとも言えます。
しかしあれも一朝一夕にできたわけではありません。

明治維新後の日本の躍進、それを支えてきた日本人の努力、
実直さを鑑みると、「自分たちは頑張れる」「もっとやれる」と
思い込んでしまうのも無理もないことかと思います。

死ぬことを美学、とした教育も武士道精神がもとなわけですし。

当時の国民学校教育などは調べるほどに面白いですよ。
私はずっと、子どもの時から「戦死こそ名誉、女子は子をたくさん産め」という
極端な教育を不思議に思っていました。

当時の子供たちは、本当にそれを素直に受け入れていたのか?
徴兵された者たちは、そして、その教育を強いた軍部エリートは……と。

勇様は典型的な「帝国陸軍思想」を持ったキャラですね。
海軍ではない、と納得できます陸軍と海軍は毛色がだいぶ違ったようですから。

ですが資料を見ると勇様のような猪突猛進派が
全員というわけでもなかった気がします。
たまにすごいバカ大将がいますけどね。

「戦時中の日本は、日本人はバカだった」と言うのは簡単ですが
そこに至るまでの国際関係や国内情勢を鑑みると
決して同じことが起こらないとは言えないな、と思います。

ネコンズですね。
「ネコカースト」って言っても、トップがハルにゃんで威張ってるってだけで
あとはコウちゃんが要領の良さで多少いい地位を得てる、くらいの横並びです。

キョン君はハルさんの寵愛を受けているため多少恩恵があり
トキ君にはなんの後ろ盾もないってカンジです。

だからハルにゃんのぞく3匹はけっこう仲良くやってます。
キョンコウ不倫画像もあります。

DSC_0618.jpg

ねー私も、ボランティアに携わるまで
「ネコにとっての幸せ」なんて考えもしませんでしたが
彼らは本当にいろんなことを教えてくれます。

福祉系でお勤めとのこと、尊敬いたします。
福祉施設などですと入居者の方のお世話も大変でしょうし、
彼らを抱える御家族との関係もあるでしょうし。

ですが一見まったくの自分勝手に思える人も、
表に出さない苦しみなどを想像すると一概に責められませんしね。
問題は親族との関係とか、二次的なものにも及ぶでしょう。

そう考えるとなぁ……と思ってしまううにこ様は
他人の立場を思いやれる誠実で優しい方なのだと思います。
(何の同情もできない人もたまにはいるでしょうが……)

やはり、この世はオーケストラなんですよね。
老若男女、美人もハゲも学者もホームレスも障害者も
皆それぞれの楽譜を持っていて、
世界という音楽を奏でているのだと思います。

素晴らしいコメントをありがとうございました。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。